カテゴリー「ソウル」の9件の記事

2008年12月30日 (火)

ソウルの旅まとめ

ソウル日記、なんとか年内に終わらせましたshine

しかし、内容粗いよね?
そこで、これから旅行する方の為に、私が旅行前に知りたかった情報をお届けいたします。

「ウォンが安いって言うけど、実際どのくらいで買えるの?」

私が購入したGUCCIの長財布ですが、清潭洞のGUCCIで590,000ウォンでした。

購入した日が11月30日でしたので、11月のカード決済日にギリギリ間に合い、早速明細が届きました。早っ!

引き落とし金額を見ると39,751円。日本で買うと6万前後の商品なので、かなりお得。scissors

おまけに免税手続きもしているので、10%の税金の内、7%が戻って来ます。戻り率はお店によって若干違うようです。
↓詳しくはこちらのサイトを参考にして下さいね。

Global Refund 韓国のタックスフリーショッピング

以前、イタリアで免税手続きをした時に、税関スタンプがちゃんと押されていなくて税金が戻って来なかったことがあったんです。

もちろん押した税関職員が悪いんですけどね。あっと言う間に書類を封筒に入れられてしまうので、スタンプを押す瞬間をしっかり確認した方が良いです。(^-^;

「韓定食は量が多いのですが、残すとマナー違反?」

これは、現地のガイドさんに聞きました。
日本人は残さず食べるのがマナーの一つですが、韓国ではたくさんの料理から好きなものだけ選んで食べるそうです。

韓定食のお店に行った私は、本当に頑張って食べましたよ。sweat02
そう聞いてもやっぱり日本人です。残すのは心が痛みます。

ガイドさんにそんな話をすると、日本人のそうゆう所を見習いたいと言って下さいました。
韓国は生ゴミが多いこと、問題になっているそうです。

日本の和食献立の基本スタイル一汁三菜の話などで盛り上がり、実際には私が野菜をたっぷり摂取する韓国の食文化に興味があるように、韓国の女性も日本の食文化に興味津々なんだと言う事に気が付きました。

ガイドさんとは年も近かったせいか他にも色んな話をして、地味に日韓交流して来ましたよ。confident

話、盛り上がっちゃって、帰りの空港でしばらく一緒にお話していました。弟が働かなくて困っているそうです。
ニート問題は日本だけじゃないんですね(^-^;

ちなみに私のツアーは、飛行機とホテルがセットになっていて、空港とホテル間の送迎だけ現地のガイドさんが対応してくれるプランです。

往復の免税店立ち寄りが無いプランでしたので、時間を有効に使うことができました。

それから、あんまり安いツアーは気をつけた方が良さそうです。
昌徳宮で会った日本の方が、海外が初めてで安いツアーを申し込んだそうですが「洗面台は割れているし、顔も洗いたくないようなバスルームだよ。」とおっしゃっておりました。

旅の思い出も、泊まるホテルで印象が大きく変わってしまいますからねぇ、ホテルは選べるプランが良いと思います。

最後に長々と綴っておりますが、いかがでしたでしょうか?
年末年始にソウルで過ごされる方も多いかと思います。

円高は深刻な問題だけど、旅行は自分へのご褒美として、行ける時には楽しんじゃいましょう♪

ソウル日記 -完-

| | コメント (0)

世界遺産「昌徳宮」

12月2日(火)第2部

いよいよソウルの旅、最終章。
ラストを飾るのは、ソウルにある5つの古宮の中の1つ、「昌徳宮(チャンドックン)」

ユネスコ世界文化遺産にも登録された美しい宮殿です。
ようやく、観光地らしい場所へやって来ました。confident

日本語ガイド付きコースが1日に4回あるので、一番早い9時30分開始のコースに参加しました。

ちなみに、こちらは自由観覧の方が入場料金が高いんですよ。

ガイド付きが大人3,000ウォンに対し、自由観覧は15,000ウォン。なんと5倍!自然と建物保存のために決まった時間だけ観覧できるようなシステムになっているようです。

ガイドさんの目が届く範囲であれば、落書きなどのモラルを欠いた行動を最低限抑えられそうですしね。

それにしても、日本人が100人はいたかと思います。
一人のガイドさんでは対応し切れず、2チームに分かれていました。

01

「仁政殿」
こちらの建物は昌徳宮の正殿になります。こちらでは王の即位式など、国の重要行事が行われたそうです。

04

「宜政殿」
王が臣下と国政を議論する場所として使っていた所で、現在韓国に残っている唯一の青い瓦の宮殿です。
色鮮やかでとてもキレイでした。shine

03

瓦の屋根の端に小さな石像が乗っかっていますsign02
お宮を守る守護神として置かれた石像で、西遊記の登場人物が並んでいるとのこと。先頭から和尚様、孫悟空、猪八戒…と続いています。おもしろいね~

05

「大造殿」
こちらは王と王妃の寝殿であり、王とその家族が生活していた中宮殿でもあります。

さて、飛行機の時間に間に合うように帰らなければなりません。まだまだ見所たくさんあるんですけどね。美しい庭園を見ることが出来なかったのが心残りだけど、2泊3日のソウル旅行、とっても素晴らしい旅になりました。

| | コメント (0)

お粥専門のやさしいお店

12月2日(火)第1部

あっと言う間のソウル2泊3日の旅、最終日です。
お昼までにはホテルへ戻らないと行けないので、朝早くお出掛け。

最終日は世界遺産である「昌徳宮(チャンドックン)」を観光するため、Ranさんに偶然出会った「安国」へ再び向かいます。

前日に仁寺洞ストリートでマークしておいた「お粥」のお店でまずは朝ごはん。

お店の名前は「ボンジュク」
仁寺洞ストリート沿いに雰囲気良く建っていたので入りましたが、こちらのお店は日本にもあるんですね。まぁ、いっか…

階段を上がってお店に入ると、とても感じの良い優しい笑顔のご主人が迎えて下さいました。

Photo

私が注文したのは干しスケトウダラのめっちゃ辛いお粥!
韓国では、この干しスケトウダラがよく使われています。

本来は辛い食べ物、そう得意ではないんですけどね。(^-^;
後を引く辛さにはまってしまいます。涙ちょちょぎれたーsweat01

韓国料理の辛さって後引きますよね?
4年前にソウルへ行ったのは真夏で、友達と額から汗、目から涙をたっぷり流しながら辛~いスンドゥブを2回も食べちゃいました。
帰国間際にどうしてももう一回食べたくなったんですよね。
あの時は、本当に爆笑の旅でした。coldsweats01

相変わらず、おかずがたくさん付いてきます。嬉しい♪
最後に杏のシロップ?のような甘い飲み物をいただきました。

こちらの甘い飲み物、韓定食でも、焼肉のお店でも最後にいただきました。辛いもの食べた後に舌を滑らかにする習慣なのでしょうか?
よくできています。

とても刺激的なソウル最終日の朝でした。

| | コメント (0)

2008年12月29日 (月)

ヨモギ蒸し専門サロン

さて、今年も残すところあと3日ですね。
ソウル日記を完結しなければ新しい年を迎えられない気がするので、一気に書いちゃいます。coldsweats01

---------------------------------------------------
12月1日(月)第4部

夕食後、デパ地下でお買い物を楽しみ、ホテルへ戻って一時休憩。(消化の為)

そして、2日目ラストとなるのは?

あれですよ!韓国と言えば、エステ!
そして、韓国エステと言うと思い浮かぶのが
「あかすり」「汗蒸幕(ハンジュンマッ)」

しかしながら私、「あかすり」にはどうも抵抗がありまして…
あれ、とっても恥ずかしいですよね?キモチ良いみたいですけど。
あかすりは自分でやります。(^-^;

そして「汗蒸幕」は4年前に一度経験し、暑さに耐えられず、あっと言う間に出てしまいました。入ったり出たりを繰り返すようですが、のぼせやすい私には不向きでした。sweat01

そしてもう一つ、韓国エステで忘れてならないのが「ヨモギ蒸し」です。

どんなものかと言いますと、お風呂場の椅子のような(真ん中に穴が開いてる)座容器の中にヨモギなどの薬草を入れて熱い湯で蒸し、そこから発生する湯気を体全体に吸収させ体を健康な状態に改善、キレイにしてくれるというものです。

最初はヨモギの香りに癒されて、とても心地良いのですが、途中から汗が滝のように出てきます。効果絶大!

これを毎日やっていたら、インナービューティーにますます磨きがかかることでしょう。日本でも流行ると思うんだけどねぇ。

ヨモギ蒸しって、あかすりや汗蒸幕のオプションとして多くのお店で受けることが出来るのですが、私のように「あかすりや汗蒸幕はやりたくない。」と言う人は困ってしまいますよね?

そこで、私が向かったのはヨモギ蒸し専門サロンの「Dream Bath」さんです。

詳しくはソウルナビをご覧下さいませ。→「Dream Bath

日本語ガイド経験のある元気な院長先生と、美しい日本人女性のスタッフさんがいらっしゃいます。

私はヨモギ蒸しの後、足マッサージと顔パックをしていただきました。
韓国では美容成分をギュゥッと閉じ込めてくれる石膏パックが有名なのですが、鼻が詰まっていたので諦めました。
呼吸困難になっちゃうしね。sweat02

その代わり、コラーゲンのゴムパックをやっていただいたのですが、これが本当に凄かったんです。パックをはがした直後の私の肌はゴムそのものでした。すごい弾力!

前回もそうだったのですが、韓国から帰って来るとしばらく肌の調子が良くて胃腸が元気なんですよね。

ヨモギ蒸しもゴムパックも無いけど、汗を流すことと発酵食品が体にとても良いこと、改めて実感できました。

コリアンビューティーおそるべしっshine

| | コメント (0)

2008年12月22日 (月)

海外のデパ地下は外せないね

12月1日(月)第3部

さてさて、ソウルの続きに戻ります。
2日目は第4部まであります。wink

チルシルの後、ホテルへ一度戻り、Ranさんの所で漬けたキムチを冷蔵庫に入れ、ホテルと直結している「新世界デパート」で夕食&食材探し。

海外、いや国内でも、旅行先で必ず立ち寄るデパ地下にあるスーパー。本当に大好き♪好奇心で溢れます。

どんな観光スポットよりも好きかもしれません。confident
普段自分が生活している環境との違いを見つけるのが面白いんですよね。

私がどんだけ好きかって言うと、4年前と同じホテルに泊まった程です。ホテルとデパートの直結、さらに地下鉄も直結しているんですよ。
これは動きやすいでしょ?

そして、そんな私の狙いに見事マッチングーしたホテルはずばり!「JWマリオットソウルホテル」です。flair

ちなみに、現地スタッフの方に聞くと、日本人はあまりこのホテルを選ばないらしいのです。

ホテルの位置が観光名所から少し離れているからかな?
地下鉄乗っちゃえば大して変わらないけどね。

言われてみれば、すれ違うのはスーツ姿の欧米人ばかり。
ラウンジでは、ビジネスマンの商談がアツク繰り広げられ、部屋には立派なデスクと事務用品が一式揃っていました。
ポストイットまでもがある細やかな配慮。(^-^;

他にも、コーヒーメーカーがセットされていたり、陶器の入れ物を開けるとバスソルトが入っていたり、シャンプーリンスは髪サラッサラになるし、コップ類が陶器なのも落ち着きます。
夕方には小粋なチョコレートサービスなんてのもあるんですよ。bleah

お部屋係りさんもとても感じ良くて、コーヒー豆をお願いすると、ミネラルウォーター付きで持って来てくれるの。もちろん全てサービス!部屋も欧米人向けに広めに作られていて、浴槽とシャワーブースは当然のことながら独立しています。

かなり褒めちぎっておりますが、とても居心地の良いホテルです。
今回は時間が足りなくて行けなかったけど、ホテルの「Marquis Themal Spa」もサイコーでした♪こちらは本格的なヨーロッパ式のマッサージです。セレブ感たっぷりで豊富なコースから選べます。
ウォンが安い今ならとってもお得ですね。

韓国と言えばエステ!その話は次回へ続く。。。(^-^)/

そうそう、「猟奇的な彼女」って映画でね、主人公の二人が制服を着てディスコ(ディスコでいい?)に乱入するシーンがあるのですが、このホテルの地下にあるバーが舞台みたいですよ。

この映画はほんと泣けるんだよね。
タイトルからは想像できないけど。(^-^;

では、話を元に戻しまして、新世界デパートでは夕食もいただきました。最初はB級グルメを堪能しようと地下のフードコートへ行くつもりでしたが、1日目に行った「ハヌリ」の焼肉専門店がレストラン街にありましたので、せっかくだし入っちゃった♪

韓国では、野菜を別に注文する必要がないんだよね。
お肉を頼むとセットで付いてくるの。それも食べ放題!

お肉を食べても、野菜をそれ以上に摂る流れが自然と出来ているから、バランスがとても良いのです。

日本人が見習いたい習慣ですね。

| | コメント (0)

2008年12月16日 (火)

トックカフェ「チルシル」

12月1日(月)第2部
Ranさんとお別れした後、1駅戻り「安国(アングッ)」で下車しました。

こちらにはソウルの伝統の街として知られる仁寺洞(インサドン)メインストリートがございます。

伝統工芸品や、ポシャギの生地などがたくさん売っていて楽しい♪
南大門や東大門に未だ行ったことが無いのですが、私はここで十分です。

本当に、人ごみが苦手なんですよ。目が回るんですっsweat01

Photo

カフェで一息。
梅茶とトック菓子をいただきました。

もっちもちで美味しいの~♪

02

こちらはトックカフェ(ドッグカフェじゃないよ~dog

トックと言うのは韓国の「餅」と呼ばれるもの。
「トッポギ」もトックを甘辛く炒めたものです。

こちらのお店は韓国へ行く前からとても気になっていまして、なんと!「トック菓子作り体験」ができるのです。(また)

しかしながら、2泊3日の強行スケジュールではムリでした。(涙)
次回は是非、体験したいと思っています。

03

知っている人は知っているかもしれませんが、ちょっと前にやってた「グータン」で、優香が韓国の有名な女優さんに勧められて、ここへお土産を買いに行っていましたよね?

本当にトック菓子が可愛くて、原料がうるち米と野菜などの天然素材って所もそそります。

その情報しか無いけど、今度作ってみようかな?なんかできそうじゃない?

そして、帰り道。
なんと!Ranさんにばったり。世間て狭い~~

もう、Ranさんには運命を感じてならないので、次回行く時も必ず会いに行かなきゃね。

| | コメント (0)

2008年12月15日 (月)

韓国の伝統文化を学びました。

12月1日(月)第1部

朝食はセントラルシティのカフェで軽く済まし、向かった先は「景福宮(キョンボックン)駅」

「キョンボックン トゥゲ(2) ジュセヨ(~下さい)」
駅の窓口で切符を購入します。

自販機もあるんですけどね。
小銭しか使えないし、操作がよく分からないし、逆にめんどくさいので…(^-^;

その国の単位と「~下さい」さえ覚えれば、だいたい事は済みます。
後はナチュラルな挨拶。

カムサハムニダ~(ありがとうございます。)
マシッソヨ~(美味しいです。)        などなど。

トラブルさえ無ければ、会話はなんとかなりますよ~
なので、トラブル多そうな場所には行かないのが一番!

景福宮を外側から眺めながら歩き、本日のメイン「韓国の伝統文化を学ぶ」べく、茶道の先生でもあるRanさんのお宅へお邪魔させていただきました。

どこに行っても「体験」大好きなんです♪

Ran01

まずは「茶道」から。
お茶菓子は、Ranさん手作りのトック(餅)菓子と無花果の甘露煮です。とっても上品なお味で、お茶の品格も上がります。

しまった。。作り方聞くの忘れてたーーsweat01

韓国の茶道は日本とほぼ同じ。心が休まりますね。japanesetea

ここで一つプチ情報。flair
ミネラルの一種である「マンガン」をご存知でしょうか?
マンガンは普通の食生活を送っていれば、不足することはほぼ無いと言われていて、カルシウムや鉄、亜鉛などに比べ、まず気にしたことが無いミネラルではないかと思います。

ただし、普通の食生活すら出来ていない人もいますよね?
では、不足するとどうなるのか…?

答えは「愛情不足」です。
なんと愛情が不足すると言われています。heart03

最近の世の中がおかしいのって、私はマンガン不足も関係しているのではないかと思っております。親が子を、子が親を…って考えられないですよね。

なぜここでマンガンの話を持ってきたかと言いますと、先日のベジビュー講座で少し話を伺い、とても気になったので、マンガンが豊富に含まれる食品を食品成分表で探してみたのです。(全ページチェックは厳しかった…)

すると、断トツで多いのが「茶」でした。玉露→せん茶→紅茶の順に減って行くので、緑が濃ければ濃いほどマンガンが多いことが分かります。

確かに、お茶を飲むと心がリラックスして、人に対して優しい気持ちになれますよね。

あなたの隣りの人、職場の上司の機嫌が悪い時など、是非お茶を入れてあげて下さい。confidentjapanesetea

また、1日1回家族で「お茶」を飲む時間を作ると、色んな意味で幸せになれそうですね。heart

Ran08

チマチョゴリを着て礼儀作法を学びました。
ちなみにチマチョゴリと日本人は呼ぶけれど、現地では「ハンボッ(韓服)」と呼ぶそうです。

日本で言う和服のようなものですね。

私、母親に向かって最敬礼しております。(笑)
韓国では、お嫁に行く日に、この一番敬意を表すお辞儀を両親に向かってするそうです。

今でも、その日のことを思い出して泣ける…とRanさんがおっしゃっておりました。

Ran03

次は、お楽しみのキムチ作りです。
韓国では、高校の家庭科で習うそうで、良いお嫁さんの条件に「キムチ上手」が上がるほど、とても大切な伝統料理です。

野菜も調味料も全て安全を考えてRanさんが厳選しています。

作ったキムチは、今夜あたりが食べ頃かな?
出来上がりの写真は少々お待ち下さいませ。

Ran04

時間があったので、チヂミも作らせていただきました。
もち米を柔らかくしてミキサーで粉砕し生地に混ぜているのでモチモチしています。

Ran02

Ranさんのチャプチェ、本当に美味しかった♪
作り方のコツを教えていただいたので、帰って来てから既に2回作りました。まだ、Ranさんのようには行かないので、もう少し修行せねば。

Ran05

お料理上手なRanさんの食事、お腹いっぱい、心もいっぱいでした。

とても素晴らしい体験ができたと思います。
ありがとうございました。confidentshine

素敵なRanさんのホームページはこちらです。→Rans home 

体験コースの詳細やキムチのレシピが載っていますので、ぜひ、訪問してみて下さいね。

Ranさんはとても上品で素敵な方ですよ~♪

   

| | コメント (0)

2008年12月12日 (金)

野菜たっぷり!韓定食

11月30日(日)第2部

韓国の女性って、色白で透明感のある美しい肌をした人が多いですよね?それに、街を歩いていても太っている人がほとんどいない。

遺伝子が最も近いとされている日本人なのに、何が違うのでしょう?
それはやはり「食生活」なんだろうなと思います。

韓国は世界で1番野菜を食べている国だと言うのは有名な話ですが、それに対して日本はと言うと、実に韓国の半分にも及ばないらしいのです。

それから、韓国と言えばキムチですよ~!発酵食品。

腸内環境が整い免疫力アップにつながるので、もちろん美肌作りにはかかせないですし、今の季節、風邪やインフルエンザの予防にもなりますよね。

日本人も漬物食べますけど、韓国人がキムチを食べる頻度に比べると負けてる気しませんか?キムチは料理のアレンジも豊富ですしね。

さて、話が長くなってしまいましたが、今回の旅の目的(本命)は、野菜とインナービューティーを勉強している者として、とても興味深い”コリアンビューティー”の謎に迫ろう!ということなんです。

そこで、韓国の伝統料理がたっぷり堪能できる「韓定食」のお店へ行ってまいりました。

向かった先は「ハヌリ韓定食
グッチから徒歩で15分くらいです。

01

とても素敵な広~い個室に案内されました。

実は、思っていたよりも早く買物が出来たので、予約の時間より1時間も早く着いてしまったの。

お店は1階にフロントがあり、予約の名前を伝えると、席に付く頃にはテーブルセッティングがされていました。対応が早い!

おしぼりの上にレモンのスライスが乗っていて、爽やかな香りに癒されます。可愛らしいお心遣いですね。

おかゆと水キムチ、たれなどがセットされています。

02

海苔と和えてある緑豆寒天に、甘辛い大根のナムル。

料理が次から次へと運ばれてきます。

03

もうね、品数が多過ぎて…料理の説明は省略させて下さい。sweat01

中でも私の一番のお気に入りは、こちらの有機野菜サラダ。
レッドキャベツ、サボイキャベツ、赤軸ほうれん草、プチヴェール…とにかく葉っぱの種類が豊富で、甘辛のドレッシングがとても美味しかった♪

04

鯛のおさしみ。韓国では甘辛いたれでいただきます。
でも結局ワサビで食べちゃったけどね。(^-^;

そうそう、こちらのお皿にも登場しておりますが、プチヴェールが結構使われていました。

さすが、健康野菜に敏感な国ですねぇ。

05

こちらは九折坂(クジョルパン)と言って、日本で言う手巻き寿司みたいなもの?クレープ生地で細切りの野菜やお肉などを巻いて、タレをつけていただきます。最近ではクレープの代わりに薄くスライスした大根が使われているそうです。ますますヘルシーですね。

06

はい。定番のチヂミ3種。

07

チャプチェ

この旅行でとっても好きになった料理の一つ。

08

韓牛もち米焼き

もう、この辺りから「苦しい~~」と騒ぎ出す。

09

ポッサムキムチ

これこれ!これが楽しみでした。
しかし、いやぁ~辛くて。。。韓国の辛さってこうだったよね~?
と思い出した一品。しばらく舌がヒリヒリしてパニックでした。

10

宮中神仙炉

11

カルビ蒸し

私はちょっと、こうゆうの苦手なんです。。。

12

季節の蒸し魚

13

ごはんのセット

この後、フルーツとデザートも登場し、信じられないくらい食べてしまったわけです。ビールも頼んじゃったしね。beer

もうね、途中からちゃんと味わえていなかったので、詳しい説明はこちらをご覧下さいね。

ソウルナビ「ハヌリ韓定食」 

私は韓流ドラマを見ていないので、あまり詳しくないのですが、どうやらこの店、韓流スターが多く利用しているそうですよ~。ハイソな街でしたからねぇ。歩いていると高級車だらけ、だから人が歩いていないわけだ。(^-^;

一見、高級そうなお店なのですが…お値段聞いて驚くかも?
ビール一人1瓶付けても一人当たり3500円程度でした。信じられないっ!今は日本人てだけで、韓国では金持ちなのかもね?

また、こちらのお店は調味料も全て手作り、野菜も有機で新鮮な食材が使われているそうです。器も素敵でした!

お腹いっぱいになり、帰りはタクシーを呼んでいただきました。
タクシー代も驚く程安かったです。

心も体も満たされて、幸せいっぱいのソウル1日目でした。confident

| | コメント (0)

2008年12月 8日 (月)

ウォン安だし、免税だしぃ…

11月30日(日)第1部

夕方ソウルに着いてまず向かったのは…これが最初ぉ?(笑)

お気に入りのPUCCIの財布がボロボロになってしまいまして、そろそろ新しい財布が欲しいなぁ…と思っていた所、ウォン安と言うこともあり、久々にGUCCIを購入しちゃいました♪

ブランド品…そりゃ好きですよ~♪
だけど、庶民の私は海外に行った時ぐらいしか買う気になれないんですよね。免税って心強いわ!

こんなご時勢に無駄遣い?と言われるかもしれないねー、でもでもぉPUCCIの財布だって7年使ってたし、バッグも定番のしっかりしたものを選べば10~20年は飽きない。値段よりも、そのバッグをいかに長く愛して使えるものなのか?って所だと私は思うわけ。

誰にいいわけしてんだろね?私。

01

そして今回、人生初の長財布なんですぅ~。
お金が貯まると聞いたので。(?)

欲しかったデザイン・色なので感激でした。
まずは一つ目の目的達成。

02

こちらは、ソウルでお洒落&セレブな街と呼ばれる、「清潭洞(チョンダムドン)」です。

日本で言うと銀座みたいな所。

庶民と言いながらも、人がワサワサ集まっているデパートやホテルの免税店が苦手でして、駅からちょっと歩くのですが、地下鉄を使って行って来ました。

ソウルは4年前にも行ったことがあり、その時も地下鉄を多く利用したので慣れてるんです。

ここなら新作も豊富に揃っていて、たくさんの種類から選べます。
高い買物ですから、妥協はしたくないしね。

この辺り、道路がとにかく広い。
人はほとんど歩いていないのですが、カフェに入ってみたり、教会の前で、きれいな花嫁さんが写真撮影をしているのを偶然見ることができたり、楽しみながら歩くことができました。

坂が多いので、行かれる方は履き慣れた靴が良いです。

ちょうど夕方でしたので、グッチから出るとあちらこちらでライトアップがされていて、また景色が変わっていました。

ムード漂うハイソな風景。

しかし私、グッチの店の前でコケましたーsweat01
この雰囲気が似合わないってことぉ?

グッチの営業時間は18時迄でギリギリセーフでした。
とても親切で丁寧な日本語も上手な方がいらっしゃいましたよ(^-^)v

| | コメント (0)