カテゴリー「フルーツ」の8件の記事

2008年12月17日 (水)

ルレクチェのパイ

ソウルの旅、一先ず休憩。まだあるからね!

今朝、ルレクチェのパイを焼きました♪

Photo

ソウルから帰って来て、慌てて佐藤梨園さんへ行き、ギリギリセーフでたくさんのルレクチェを購入しました。

今年は天候に恵まれているのにもかかわらず、梨作りにとってもマジメな佐藤さんは追熟も丁寧に行われたそうです。

結果的に、食べ頃が早まってしまったわけですが、今年のルレクチェ本当に美味しいんですよ。今までも十分美味しかったのですが、今年はとにかくスゴイいんです!

とっても美味しいルレクチェなので、もちろん、毎朝生食でいただいているのですが、それでも食べ切れないので(どんだけ買ったんでしょう…?)「赤ワインと生姜のコンポート」を作ったり、「コンフィチュール」も作ったりして、今朝はその二つをパイにしちゃいました。

パイは冷凍パイシート。これ使えますよね~♪

Photo_2

こちらはコンフィチュール。

オードブルにトッピングしたり、ヨーグルトに混ぜたり、パンに塗ったり、マフィンの中にクリームチーズと入れたり、色々と使えます!

さて、仕事の方も年末は色々と忙しいのですが、今日は天気も良いし、プティと公園を走って来ます♪

| | コメント (0)

2008年11月26日 (水)

りんごのコンフィチュール

紅玉でコンフィチュール作りました♪
今まで色んなフルーツで作ってみたけど、もしかしたらこれが一番かもしれない!

今までのも含めて、後日一気にご紹介しちゃいますね。

Photo_2

いつもと同じように、撮影しました。
いつか全てまとめようと決めていたので。

Photo

クリームチーズを塗ってその上に。
朝が楽しくなっちゃうね♪

さて、私…こんなことしてる場合ではないのだ。
ベジフルビューティーの試験まであと3日!3日しかないの。

いつものことながら、直前になるまで勉強モードに入らなくて。
こんなんで大丈夫でしょうか?

おまけに先週から結婚式だのパーティーだので浮かれモードですよ。そして、試験の後には韓国にも行くことになっちゃって…

私、完全になめてますよね?
痛い目に遭いそう…sweat01

ここからが正念場。
TVもインターネットもシャットアウトしてがんばりますshine

| | コメント (0)

2008年10月24日 (金)

新潟が誇る絶品ルレクチェ

日曜日に私がこよなく愛する佐藤梨園さんへお邪魔いたしました。
詳しくは、新潟ベジフルクラブに掲載いたしましたので、ご覧下さいませ。

Photo_2

こちらは、梨園で拾った追熟前の”ル・レクチェ”です。
まだ皮が青い。

食べ頃になると、皮は黄色く、果実は耳たぶぐらいの柔らかさになり、舌の上でとろけるように滑らかな食感になります。

新潟に来て、あまりの美味しさに感動した果物です。
知らずに死ななくて良かったです私。confident

さて、実家の方で色々とありまして、少しの間、伊豆へ帰ることになりました。

結婚してから何度か帰っておりますが、1週間以上は初めて。
ちゃんと帰って来るので心配しないで下さいね。(^-^;

プティを触れないのが何より寂しい。(ノ_-。)

ではまた♪

| | コメント (4)

2008年6月12日 (木)

パイナップル

実は私、フルーツで苺の次に好きなのがパイナップルなんです。
もう、バイキングに行くと決まってパイナップルを食べ過ぎてしまいます。

Photo_2

そんな大好物のパイナップルを贅沢に丸ごといただきました。
半分は明日の朝用に残しましたが…coldsweats01 (食べ過ぎ注意!)

これ、1個198円だったんですよ。カットパインよりも断然お得☆

ちびプティと一緒に撮影しました。プティに似てませんか?

パイナップルには「ブロメライン」というタンパク質分解酵素が含まれているので、お肉料理との相性がとても良いですよ。

年齢と共に消化酵素力も落ちているので、こうゆう部分気を遣っちゃいますね。sweat01

苦手な人も多いかと思いますが、私はパイナップルの入った酢豚もチャーハンも大好きです。
以前、沖縄でいただいたものがとても美味しかったので。heart

食物繊維、ビタミンCも豊富で、お肌にとってもグーshine

紫外線が強い今の季節、抗酸化作用のある野菜&果物を積極的に摂るよう心掛けています。

| | コメント (0)

2008年4月 4日 (金)

バナナのコンフィチュール

続けてバナナのコンフィチュールをご紹介いたします。

Photo

こちらは、バナナ2本、きび糖80g、レモン果汁10g、バニラビーンズ1/4本で作りました。

バナナを輪切りにして、ボウルでレモン果汁と和えます。

次に鍋に水20mlときび糖を入れてシロップを作り、そこへバニラビーンズのさやから種をしごき出し、さやも一緒にシロップに入れて焦げないように煮詰めます。

1~2分したらバナナを投入し強火で一気に仕上げます。
後は苺と同じ。アクが出たらすくって下さい。

バナナの場合、水分がすぐに無くなってしまうので、少しずつお水を加えながら滑らかに仕上げました。

初めて作ってみたのですが、とっても美味しい。heart01

これ、カレー作るときの隠し味に使えそうです。
苺のコンフィチュールと混ぜても美味しそう。

バナナは年中手に入るので、これは良い!
次回はミルクのコンフィチュールを作って混ぜてみようかと思います。

| | コメント (0)

2008年4月 3日 (木)

越後姫のコンフィチュール

大好きな苺が毎日食べれる今の季節 heart 幸せだ~

昨年からはまってる季節果物のコンフィチュール作り。
今日は1部をご紹介したいと思います。

Photo_2

まずは出来上がりの写真から。
私が作るコンフィチュールってちょっと色が濃く感じませんか?

その秘密はお砂糖にあります。
色々と試してみましたが、私が一番美味しい♪と感じたのが、沖縄のきび糖なんです。

精製されていない天然のお砂糖なので、茶色なんですね。
なので、ちょっぴり色が濃くなってしまいます。

ミネラル豊富で、私の実家は昔からきび糖・黒糖が常備されていました。

そういえば、白いお砂糖を買ったことがありません。
(お菓子作りでグラニュー糖、粉糖は使いますが…)
九州出身で健康暮らしの母の影響でしょうか?

02

最初に、ヘタがついたままの状態で苺はさっと水洗い。
その後、ヘタを取った苺、レモン果汁、きび糖をボウルで和えて、冷蔵庫で寝かします。

分量は、苺500g、きび糖150g、レモン果汁30gで作りました。
越後姫は甘いので、他の苺でしたら、もう少しお砂糖を入れた方が良いかも?

03

今日は5時間くらい?で冷蔵庫から出しました。
すると、こんな風に苺から水分がたっぷり出ています。

苺の色素(アントシアニン)と、きび砂糖の茶色が混ざってこんな色。

この後、水分だけを鍋に入れて5分くらい煮詰めます。
次に苺を入れて強火で15分程度、耐熱用のヘラを使って絶え間なく混ぜます。(きび糖のアクが出るのですくって下さい。)

水に落として散らない状態になったら火を止め、熱いうちに耐熱用の容器に入れ替える。

今回使用した苺は、江口屋さんの越後姫です。
今年から苺作りを始められたそうなのですが、とっても美味しい苺でしたよ♪

ベジフル仲間のNタイプさんが、わざわざ私の職場まで届けて下さいました。ありがとうございます。

ふぞろい&小粒の越後姫も味は全く変わりません。
とっても甘くて美味しかったです。wink

キレイな苺はそのままいただきました♪

越後屋…いや、江口屋さんの越後姫はSクィントさんで購入できます。

実は、バナナのコンフィチュールも作ったんですよ。
それはまた明日♪

| | コメント (4)

2008年3月10日 (月)

金柑ビネガー

先週の石窯ピザ体験の前に、朝市にもお邪魔しまして、宮崎産の金柑をたくさん購入しました。

さすが朝市!とってもお安くて1パックに40個くらい入っているものが2パックで500円shine

そこで、一昔前に私の中でブームを起こしたフルーツ酢を作ることに決定。 apple

Photo

一週間後、出来上がったので、ミネラルウォーターで割って飲んでみました。

美味しい heart 体が浄化されて行く… そんな心地よい朝でした。confident

Photo_3

これは、一週間前に撮った写真です。
リンゴ酢によく洗って乾燥させた金柑と氷砂糖を入れるだけ。

1週間かけてジワジワと氷砂糖が溶けて行きます。
出来上がるまでは、1日1回この大きな瓶を揺すって混ぜるだけ。

後ほどビューティレシピに詳しくアップいたしますネ♪

Photo_2

コンフィチュールも作ってみました。

材料は金柑(皮)、にんじん、リンゴ、レモン、砂糖です。
オレンジマーマレードのようでトーストによく合いました♪

あまりにも適当に作ってしまったので、レシピはなしでsweat01

近頃、柑橘天国です。sun

| | コメント (2)

2008年2月25日 (月)

苺ミルクのコンフィチュール

苺がとっても安く売っていたのでコンフィチュールに変身させました。
(とちおとめ小粒:1パック298円)

今回はバニラ&ミルクのオプション付き♪

01

レシピは「ベジフルカフェ」に掲載してます♪
は○まるカフェのパクリ(笑)

コンフィチュール作りに今年はよりいっそう力を入れて行きたいなとはりきってます rock

| | コメント (0)