« 今年も味噌仕込みます。 | トップページ | 土日切符 »

2009年3月20日 (金)

ベジフルビューティードッグ

私は野菜ソムリエ(ジュニアマイスター)の赤いスカーフを持っておりますが、今回新たな色が加わりましたshine

Photo

じゃじゃじゃ~んっdog
ローズピンク色です。モデルはプティ。

寝ようとして、体を丸めている所。
されるがままのプティ。。。

こんな使い方してすみません。sweat01

これは、ベジフルビューティーアドバイザーの色なんです。
早く、この色が似合う女になりたいです!

ちなみに、うちのワンコちゃん。
子犬の頃からずっと、夕食は私が作った「鶏と旬野菜のポトフ」を食べています。

Photo_2

だいだい1週間分をまとめて作って、100円ショップに売っている小さなタッパーに小分けして冷凍保存しています。

朝:「ドッグフード」 夜:「鶏と旬野菜のポトフ」
この食生活も、かれこれ5年になりますね。

ポトフの作り方はとても簡単!

旬で栄養価の高い野菜と鶏のささみ又はムネ肉を煮込むだけ。
味付けはしません!
ポイントは、人参は火が通りにくいので、水からコトコト柔らかくなるまで煮込みます。それから、オリーブオイルを少々入れています。

おかげさまで、プティは「健康診断」「予防接種」以外で、一度も病院のお世話になったことが無いんですよ。dog

人間と同じように、犬にも生活習慣病が増えています。

例えば、ガン。
野菜の色や香りに含まれるフィトケミカルと呼ばれる抗酸化成分(ガン予防に効果的)は、ドッグフードだけの食事からではなかなか摂れないですしね。

また、プレーンヨーグルトなど生きた酵素も定期的に与えています。

ドッグフードから、1日に必要な栄養素は摂れるかもしれませんが、その栄養素が体内へ入り、消化・吸収・代謝・排泄がスムーズに行われること!これが大切なんですよね。

そこで私は、それら体内での機能をサポートしてくれる野菜の力に注目しています。

ただし、1部ワンコに与えたら絶対にダメな野菜もあります。

たまねぎ、ねぎ、にら、にんにく、らっきょうなどの硫化化合物を含むネギ属の植物は、中毒(赤血球を破壊し、溶血性貧血をおこす)症状の原因となりますのでご注意下さい。

それからアブラナ科の野菜もヨーロッパでは注意を呼びかけている例があります。

ただし、こちらは犬の体質によるもので、食べて何も変化がなければ大丈夫(^-^)v

プティは、キャベツもブロッコリーも大好きです♪

また、じゃがいもの芽に含まれるソラニンも毒性が強いので与えないように注意して下さいね。

特にワンコの食事については、動物病院の先生によって全く違うことを言われたりします。

犬に「野菜は必要ない」とおっしゃるお医者さんもいるのは事実。

確かに、人間と犬の消化器官は違い、犬は肉食に近い消化器官を持っています。

だからと言って、肉だけ食べていれば良いと考えるのもどうかと…sweat02

何を信じたら良いのか迷ってしまいますよね。

一番良いのは、飼い主さんが毎日ワンコの体を触ってあげて、よく見てあげることだと思います。

皮膚、被毛、瞳が輝いているか?のチェック。

私は、排泄物も毎日チェックしていますよ。wink
健康状態が一目で分かるっ!

と言うわけで、プティもベジフルビューティードッグを目指してます。shine

私たちも、できるだけ自然の状態に近い食べ物から質の良い栄養をバランス良く摂取して、健康で美しい体を維持したいですね。

|

« 今年も味噌仕込みます。 | トップページ | 土日切符 »

ベジフルビューティ」カテゴリの記事

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今年も味噌仕込みます。 | トップページ | 土日切符 »