« 野菜たっぷり!韓定食 | トップページ | トックカフェ「チルシル」 »

2008年12月15日 (月)

韓国の伝統文化を学びました。

12月1日(月)第1部

朝食はセントラルシティのカフェで軽く済まし、向かった先は「景福宮(キョンボックン)駅」

「キョンボックン トゥゲ(2) ジュセヨ(~下さい)」
駅の窓口で切符を購入します。

自販機もあるんですけどね。
小銭しか使えないし、操作がよく分からないし、逆にめんどくさいので…(^-^;

その国の単位と「~下さい」さえ覚えれば、だいたい事は済みます。
後はナチュラルな挨拶。

カムサハムニダ~(ありがとうございます。)
マシッソヨ~(美味しいです。)        などなど。

トラブルさえ無ければ、会話はなんとかなりますよ~
なので、トラブル多そうな場所には行かないのが一番!

景福宮を外側から眺めながら歩き、本日のメイン「韓国の伝統文化を学ぶ」べく、茶道の先生でもあるRanさんのお宅へお邪魔させていただきました。

どこに行っても「体験」大好きなんです♪

Ran01

まずは「茶道」から。
お茶菓子は、Ranさん手作りのトック(餅)菓子と無花果の甘露煮です。とっても上品なお味で、お茶の品格も上がります。

しまった。。作り方聞くの忘れてたーーsweat01

韓国の茶道は日本とほぼ同じ。心が休まりますね。japanesetea

ここで一つプチ情報。flair
ミネラルの一種である「マンガン」をご存知でしょうか?
マンガンは普通の食生活を送っていれば、不足することはほぼ無いと言われていて、カルシウムや鉄、亜鉛などに比べ、まず気にしたことが無いミネラルではないかと思います。

ただし、普通の食生活すら出来ていない人もいますよね?
では、不足するとどうなるのか…?

答えは「愛情不足」です。
なんと愛情が不足すると言われています。heart03

最近の世の中がおかしいのって、私はマンガン不足も関係しているのではないかと思っております。親が子を、子が親を…って考えられないですよね。

なぜここでマンガンの話を持ってきたかと言いますと、先日のベジビュー講座で少し話を伺い、とても気になったので、マンガンが豊富に含まれる食品を食品成分表で探してみたのです。(全ページチェックは厳しかった…)

すると、断トツで多いのが「茶」でした。玉露→せん茶→紅茶の順に減って行くので、緑が濃ければ濃いほどマンガンが多いことが分かります。

確かに、お茶を飲むと心がリラックスして、人に対して優しい気持ちになれますよね。

あなたの隣りの人、職場の上司の機嫌が悪い時など、是非お茶を入れてあげて下さい。confidentjapanesetea

また、1日1回家族で「お茶」を飲む時間を作ると、色んな意味で幸せになれそうですね。heart

Ran08

チマチョゴリを着て礼儀作法を学びました。
ちなみにチマチョゴリと日本人は呼ぶけれど、現地では「ハンボッ(韓服)」と呼ぶそうです。

日本で言う和服のようなものですね。

私、母親に向かって最敬礼しております。(笑)
韓国では、お嫁に行く日に、この一番敬意を表すお辞儀を両親に向かってするそうです。

今でも、その日のことを思い出して泣ける…とRanさんがおっしゃっておりました。

Ran03

次は、お楽しみのキムチ作りです。
韓国では、高校の家庭科で習うそうで、良いお嫁さんの条件に「キムチ上手」が上がるほど、とても大切な伝統料理です。

野菜も調味料も全て安全を考えてRanさんが厳選しています。

作ったキムチは、今夜あたりが食べ頃かな?
出来上がりの写真は少々お待ち下さいませ。

Ran04

時間があったので、チヂミも作らせていただきました。
もち米を柔らかくしてミキサーで粉砕し生地に混ぜているのでモチモチしています。

Ran02

Ranさんのチャプチェ、本当に美味しかった♪
作り方のコツを教えていただいたので、帰って来てから既に2回作りました。まだ、Ranさんのようには行かないので、もう少し修行せねば。

Ran05

お料理上手なRanさんの食事、お腹いっぱい、心もいっぱいでした。

とても素晴らしい体験ができたと思います。
ありがとうございました。confidentshine

素敵なRanさんのホームページはこちらです。→Rans home 

体験コースの詳細やキムチのレシピが載っていますので、ぜひ、訪問してみて下さいね。

Ranさんはとても上品で素敵な方ですよ~♪

   

|

« 野菜たっぷり!韓定食 | トップページ | トックカフェ「チルシル」 »

ソウル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 野菜たっぷり!韓定食 | トップページ | トックカフェ「チルシル」 »