« お粥専門のやさしいお店 | トップページ | ソウルの旅まとめ »

2008年12月30日 (火)

世界遺産「昌徳宮」

12月2日(火)第2部

いよいよソウルの旅、最終章。
ラストを飾るのは、ソウルにある5つの古宮の中の1つ、「昌徳宮(チャンドックン)」

ユネスコ世界文化遺産にも登録された美しい宮殿です。
ようやく、観光地らしい場所へやって来ました。confident

日本語ガイド付きコースが1日に4回あるので、一番早い9時30分開始のコースに参加しました。

ちなみに、こちらは自由観覧の方が入場料金が高いんですよ。

ガイド付きが大人3,000ウォンに対し、自由観覧は15,000ウォン。なんと5倍!自然と建物保存のために決まった時間だけ観覧できるようなシステムになっているようです。

ガイドさんの目が届く範囲であれば、落書きなどのモラルを欠いた行動を最低限抑えられそうですしね。

それにしても、日本人が100人はいたかと思います。
一人のガイドさんでは対応し切れず、2チームに分かれていました。

01

「仁政殿」
こちらの建物は昌徳宮の正殿になります。こちらでは王の即位式など、国の重要行事が行われたそうです。

04

「宜政殿」
王が臣下と国政を議論する場所として使っていた所で、現在韓国に残っている唯一の青い瓦の宮殿です。
色鮮やかでとてもキレイでした。shine

03

瓦の屋根の端に小さな石像が乗っかっていますsign02
お宮を守る守護神として置かれた石像で、西遊記の登場人物が並んでいるとのこと。先頭から和尚様、孫悟空、猪八戒…と続いています。おもしろいね~

05

「大造殿」
こちらは王と王妃の寝殿であり、王とその家族が生活していた中宮殿でもあります。

さて、飛行機の時間に間に合うように帰らなければなりません。まだまだ見所たくさんあるんですけどね。美しい庭園を見ることが出来なかったのが心残りだけど、2泊3日のソウル旅行、とっても素晴らしい旅になりました。

|

« お粥専門のやさしいお店 | トップページ | ソウルの旅まとめ »

ソウル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お粥専門のやさしいお店 | トップページ | ソウルの旅まとめ »