« ヨモギ蒸し専門サロン | トップページ | 世界遺産「昌徳宮」 »

2008年12月30日 (火)

お粥専門のやさしいお店

12月2日(火)第1部

あっと言う間のソウル2泊3日の旅、最終日です。
お昼までにはホテルへ戻らないと行けないので、朝早くお出掛け。

最終日は世界遺産である「昌徳宮(チャンドックン)」を観光するため、Ranさんに偶然出会った「安国」へ再び向かいます。

前日に仁寺洞ストリートでマークしておいた「お粥」のお店でまずは朝ごはん。

お店の名前は「ボンジュク」
仁寺洞ストリート沿いに雰囲気良く建っていたので入りましたが、こちらのお店は日本にもあるんですね。まぁ、いっか…

階段を上がってお店に入ると、とても感じの良い優しい笑顔のご主人が迎えて下さいました。

Photo

私が注文したのは干しスケトウダラのめっちゃ辛いお粥!
韓国では、この干しスケトウダラがよく使われています。

本来は辛い食べ物、そう得意ではないんですけどね。(^-^;
後を引く辛さにはまってしまいます。涙ちょちょぎれたーsweat01

韓国料理の辛さって後引きますよね?
4年前にソウルへ行ったのは真夏で、友達と額から汗、目から涙をたっぷり流しながら辛~いスンドゥブを2回も食べちゃいました。
帰国間際にどうしてももう一回食べたくなったんですよね。
あの時は、本当に爆笑の旅でした。coldsweats01

相変わらず、おかずがたくさん付いてきます。嬉しい♪
最後に杏のシロップ?のような甘い飲み物をいただきました。

こちらの甘い飲み物、韓定食でも、焼肉のお店でも最後にいただきました。辛いもの食べた後に舌を滑らかにする習慣なのでしょうか?
よくできています。

とても刺激的なソウル最終日の朝でした。

|

« ヨモギ蒸し専門サロン | トップページ | 世界遺産「昌徳宮」 »

ソウル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ヨモギ蒸し専門サロン | トップページ | 世界遺産「昌徳宮」 »